リペアについて


リペアとは、キズがついたものを修復し原状のようによみがえらせる技術です。

欠損箇所以外を取り替えたりする必要がないため、余分な費用や時間がかからず廃棄物も出ません。

ハウスメーカーや工務店を始めとした建築業者はもとより、不動産会社やマンションオーナー、一般のお客様からも多くのご依頼をいただいております。

 

アールズデザインでは、フローリングやドア、柱、家具などの木製品やアルミサッシ 樹脂サッシの補修をはじめ、タイルやサイディングのひび割れ・欠け レンガ、大理石のリペアなど、幅広く対応致します。

 

新築・リフォーム物件の施主検査前リペア、アパート退去後の原状回復、足場作業中の外壁破損など、補修が必要なときは是非ご相談ください。

ケーニッヒ補修剤 イメージ

アールズデザインではリペアに使用する材料にもこだわっています。

ドイツの木製品補修材メーカーのハインリッヒ・ケーニッヒの補修剤を主に使用しております。

国際的にも認められている信頼のメーカーの良い補修剤を使うという事は、技術同様大切であり、耐久性も変わってきます。

プロの技で気になるそのキズを蘇らせます。